上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月上旬に行ってきましたフィンランド。
3泊5日でヘルシンキとタンペレの2都市を巡る強行スケジュールでしたが、存分に堪能してきました。
要領が悪かったのと地図が読めないのとで行きたいところ全てを回ることができなかったのが反省点かな。

記憶が曖昧になる前に振り返っておこう。
まずは旅の序盤のヘルシンキ巡りから。



到着してすぐ、ホテル周辺を散策してみる。
ああこれこれ。このどっしりとした構えの建物とどこかほの暗い空気の垂れ込めた景色がヨーロッパに来たんだなあと思わせてくれる。

この日は北欧の大手デパートで夕食にと総菜を購入したのですが…まあ、これがどうにも口に合わず。
(サラダが不味いってどういうこと)
ご飯の美味しくない国として有名だし覚悟はして行ったのですが、想像の斜め上をいかれ打ち拉がれた初日でした。



地下鉄カイサミニ駅付近

2日目の朝はいきなり雨で始まりました。



この日はヘルシンキカードを利用して市中巡りを決行。
インダストリアルデザイナーのアンティ・ヌルメス二エミ氏が手掛けた車両はとにかく色鮮やか。
北欧らしい興味の惹かれるデザインだけれど、公共の設備がこれだけ明るいのは馴れなくってそわそわしてしまう。



看板なんかもほら、北欧。


fin005.jpg
まずはヘルットニエミ駅にあるマリメッコのアウトレットストアでお買い物をして、市場のあるハカニエミ駅に到着する頃にはすっかり晴れ模様。
滞在期間中まるっと1日快晴だった日はなかったな。
基本どんより曇り空。初日以外は雨に降られなくって良かったけどね。



この街のシンボル、かの有名なヘルシンキ大聖堂へ。青空に映える白亜の大聖堂が美しかった。
見た目の豪華さに比べ内部はシンプルな造りだったのは意外。



大階段を登ってそこから景色を見下ろす。
町並みと港が一望できます。気分がいい。しかし強風に吹かれるのでちょっと怖い。



お昼過ぎでもこんなにも影が長い。ああ、今自分は高緯度の国にいるんだなあって改めて実感。



大聖堂付近は中央駅周辺のレンガ造りとは違って可愛らしい色合いの建物が並ぶ。
そしてこの辺り一帯はクリエーターズショップが多数立ち並んでいて大興奮。
他とは違ったお土産を探すのにはもってこいの場所かも。



お気に入りはこれ。
巻き尺を利用したブローチに一目惚れして、一緒に旅行した3人で購入しました。
店員さんがひとつひとつ綺麗に包装してくれて嬉しかったな。
…自分用なんだけどね。



ヘルシンキのもうひとつのランドマーク、ウスペンスキー寺院。
ロシア正教の教会を見るのは初めてでした。
建築様式のせいか、この建物のある一帯だけフィンランドではない異国情緒な雰囲気が漂う。違和感が面白い。
中に入る事ができず祭壇や天井が見られなかったのは心残り。



個人的にこの建物と眺めがお気に入り。
寺院のすぐ近くの建物です。



ロバーツコーヒーにて。フィンランド版スタバらしい。
世界有数のコーヒー消費国だけあって至る所にカフェがあって嬉しい。勿論スタバも大人気。
雑味がなくてとても美味しいコーヒーが楽しめるので、お土産にもたくさん購入しました。


えっらい長い記事になってしまった。
以上ヘルシンキ紀行でした。

時間のある時にタンペレ編も記しておきたいところ。
あのムーミン谷美術館のある街です。街もひとも景色も、とても素敵なところでした。
スポンサーサイト



制作の諸々が終了してようやく一息ついています。
期間中にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。


12時間後にはフィンランドへ旅立ちます。行き当たりばったりのデザイン巡り旅。
ずうっと憧れていた国に行ける!なんだか夢でも見ているような気分です。

短い滞在期間、有意義に過ごさなきゃ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。