上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休の最終日に東京へ行ってきた。
3ヶ月ぶりの東京、訪れる先はたいてい美術館。(とライヴハウス)


今回のお目当てのひとつはこれ。

昆虫の即売会。毎年秋分の日に開催されているのだそう。

出品されている物の大半は昆虫の標本。
見て回るには目が足りない、と思うくらいの数のちょうちょたち。
右往左往しながら蛾を2頭、蝶を3頭なんとか選びました。


ずっと気になっていたアカエリトリバネアゲハ。眺めていて飽きない造形。
左のアオタテハモドキは一度描いたけれど、もう一度描き直したいと思い購入しました。
オオスカシバはやっぱりかわいい。


ニシキツバメガ(左)とヘリボシアオネアゲハ(右)

こうやって見ると青色緑色の蝶ばかり選んでいる。多分、無意識。
これだけ蝶の標本が集まったのだから満足とか思ってたのに、また12月に今度は名古屋であるらしい、ですよ…。
きっとまた行ってしまいそう。



最後にこのふたつを鑑賞。
慌ただしかったけれど、見に行けて本当に良かった。


東京の秋冬の企画展示が魅力満載で、あと何回訪れればいいのだろう。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。